ステラマッカートニーの魅力〜4つの秘密

1. TPOに応じるデザインの多彩さ

ステラマッカートニーを手にした人が必ず感じるのは、斬新さとトラディションの要素を兼ねた品揃えです。

ポップな遊び心をくすぐるデザインのかたわらで、礼装に対応出来そうなアイテムが並ぶのも魅力の一つです。

例えばFALABELLAのバッグは、一つは持ってみたいと思わせるシンプルさとフェミニンの要素が魅力です。

2. 他と区別したい注目のキッズ

ステラマッカートニーの「子供扱いしない」色使いとイラストは、「自分で選びたい」キッズの必須アイテムになること間違いなしです。

ベビー服は、機能性や素材を選んだ実用的な品質、シリーズで揃えられる品揃えは、ギフトにも適しています。

3. ランジェリーはお薦め

あまり注目されないランジェリーですが、これこそステラ自身の感性とナイーブさを発揮した商品です。

アウターに響かないデザインとカラーですが、一度手に取ると、アウターと同じく種類を揃えたくなります。

4.リーズナブルにこだわるならアクセサリー

ステラマッカートニーを試したい時にはまずリーズナブルなアクセサリーをお勧めします。

例えば、サングラスのポップなアイデアやこだわりのシェイプは、かつてカールラガーフェルドの後継者と謳われた片鱗を覗くことができます。

さらにグッチの気品も見え隠れする大人なテイストのシューズは種類豊富です。

大抵同じブランドを多数揃えると飽きが出てきますが、ステラマッカートニーの溢れるアイデアは、気分に合わせて毎日利用してもパターン化されない多彩さです。

趣味でスポーツをしている人は必見!ステラマッカートニーのスポーツウェア

ステラマッカートニーの愛用者は必見!そうでない方にも是非ご紹介したいのは、アディダスとコラボした、スポーツウェア「adidas by Stella McCartney」です。

ステラマッカートニーのブランドが持つ「シャープかつフェミニン」な雰囲気と、大手スポーツメーカーアディダスのもつ機能性がうまく活かされた仕様となっています。おしゃれにこだわりを持つ女性のために作られた、スポーツとファッション、どちらの要素も妥協しないブランドです。

例えば、スニーカー。アディダスの機能的なスニーカーに、ハイファッションの要素が加わった、デザイン性の高い仕様になっています。コレクションのコンセプトにより、ある時は花柄などフェミニンライクに、ある時はきりっとかっこいいマニッシュ・モード、そして近未来チックなフュ―チャー・モードなど、さまざまなデザインがあります。

ランニングシューズやパーカーはもちろんのこと、ウォームジャケットやパンツ、ジムバックやスイムウェア、ランニングタイツやキャップなど、スポーツで使用しそうなウェアは一式取り扱っているので、全身adidas by Stella McCartneyでコーディネートすることも可能です。ランニングなど趣味のスポーツが何倍も楽しくこと必至!

また、Tシャツやスニーカーなどは、スポーツ時だけでなく、レジャーや普段のお出かけにも使えます!スポーツアイテムを買う必要があるならば、おしゃれなものを持っておくと、一石二鳥で使えます。この機会に、adidas by Stella McCartneyのウェアやシューズを試してみませんか?

参考:ステラマッカートニー専門通販サイト

http://www.stella-mania.com

ルブタンの真っ赤な魅力

ルブタンを手にしてから、ヒールという物の概念が変わりました。

すっと上がったふくらはぎをみて、これは自分の足なのかと思うほど、セクシーな雰囲気になりました。

海外で購入した、かなりシンプルなファーストルブタンです。

海外だったので日本よりもほんの少し値段は安かったので、この機会にと思って購入しました。

ルブタンの作りとして、幅が少し細めにできているのが特徴だそう。なので、足もきゅっと小さく美しく見えるのかもしれません。

幅広の足の私にとってはちょっときつく、ヒールもわりと高い物を購入したので履いていることに対してわりと忍耐が必要なルブタンを購入しました。

そんなルブタンを気合いを入れて履いていったのは、卒業式。周りと差もつけることができ、何よりも履いていてすごく自信を持つことができました。

そういった面で、自分に自信を持つことができるのがルブタンの力かもしれません。

そして、何よりも履いていてちらっと底の赤が見えるとなぜかはわからないけれどすごくどきどきする、そんな魅力がたくさんつまった靴でした。

実際今では実用性というよりも、飾りのようになってしまっていますが、自信を出したいときやテンションを上げたいときに足を入れてみると、

ぐんと気分が上がって、頑張ろうと気持ちになる不思議な靴です。

世の女性がルブタンにあこがれる理由は分かった気がしました。