ルブタンの真っ赤な魅力

ルブタンを手にしてから、ヒールという物の概念が変わりました。

すっと上がったふくらはぎをみて、これは自分の足なのかと思うほど、セクシーな雰囲気になりました。

海外で購入した、かなりシンプルなファーストルブタンです。

海外だったので日本よりもほんの少し値段は安かったので、この機会にと思って購入しました。

ルブタンの作りとして、幅が少し細めにできているのが特徴だそう。なので、足もきゅっと小さく美しく見えるのかもしれません。

幅広の足の私にとってはちょっときつく、ヒールもわりと高い物を購入したので履いていることに対してわりと忍耐が必要なルブタンを購入しました。

そんなルブタンを気合いを入れて履いていったのは、卒業式。周りと差もつけることができ、何よりも履いていてすごく自信を持つことができました。

そういった面で、自分に自信を持つことができるのがルブタンの力かもしれません。

そして、何よりも履いていてちらっと底の赤が見えるとなぜかはわからないけれどすごくどきどきする、そんな魅力がたくさんつまった靴でした。

実際今では実用性というよりも、飾りのようになってしまっていますが、自信を出したいときやテンションを上げたいときに足を入れてみると、

ぐんと気分が上がって、頑張ろうと気持ちになる不思議な靴です。

世の女性がルブタンにあこがれる理由は分かった気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です